婦人

顧客管理システムを活用して売上アップを目指す方法を大公開

データの重要性

名刺

企業として取り組むべき

名刺は企業活動をするさいに、交流が行われたさいに交換されるものです。名刺のやり取りによって商談の足がかりを作ることができ、営業における基本行動とも言えるものです。しかし、名刺は気を引くためにさまざまな工夫が行われていますが、見た目の名刺だけでは企業にとって優良なデータとはなりません。つまり文字媒体である名刺をデジタルデータ化することにより、企業の優良な資産として活用することができます。デジタルデータ化することによって、名刺情報の管理が容易になり、また社員間のデータの共有化も行えるようになります。またデジタルデータ化することによって検索が簡単に行えるようになるので、データを資産として十分に活用することができます。名刺のデータ化そのものは単純ですが、ビジネスとして次に活かすためには管理ソフトの良し悪しがデータ化するさいのポイントになります。管理ソフトとしては、単独で管理できるものから、グループウェアに搭載された機能など、その種類はさまざまです。特に近年はスマートフォンやタブレット端末などを使って管理するタイプが人気です。この場合には名刺を手に入れた社員が簡単な操作で名刺をデータ化することができ、そのまま共有することが可能です。またデータ化でネックなのが、文字入力ですがデジカメで撮影して画像解析をすることで文字データ化を行ってくれるものもあり、簡単な操作で名刺をデータ化することができます。