婦人

顧客管理システムを活用して売上アップを目指す方法を大公開

収益に直結するシステム

システム

現場を巻き込み開発する

営業支援システムは顧客管理システムと比較して効果が見えやすいという特徴を持っています。そのため、営業支援システムが定着すると収益が目に見えるように拡大することが多くなっています。しかしこれはシステムが現場の運用にマッチした状態であることを忘れてはなりません。システムは、開発や設計ベースだけで考えると現場では利用しにくいものになる可能性もあります。そのため、営業支援システムを構築する時には現場のスタッフを交えて開発することが最も重要なポイントになります。メリットを最大限活かすためには、システムを定着させるための開発努力が必要になります。アウトソーシングして開発してもらう際には、この意図をきちんと伝えることが大事なのです。シンプルな操作と機能的に必要な機能を集約するなどが重要なポイントです。どうしても営業支援に必要な項目を網羅しようとすると多機能なシステムになりがちになります。めったに使用しないものや、少しの工夫で解決できる点などはあえてシステムに取り込まないようにすることも大事なポイントになるのです。シンプルなものはどのような現場でも受け入れやすくなります。後はこれを上手に使う工夫を行う事が大事なのです。営業支援システムは、動きが早く簡単な操作であることを常に望んでいます。分析用の窓口とは別にインターフェイスを作成することでより利便性の高いシステムを構築することができるようになることを念頭に置いておく必要があります。